小さな目標を立てるメリットとデメリット|効果的な達成方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

こんにちは!目標を立てる時って、大きな目標ばかりに目が行きがちですよね?でも、実は「小さな目標を立てる」ことが成功のカギになるんです。なぜなら、達成し易いからです。例えば、ダイエットや資格取得、仕事の目標達成など、どんなことでも小さな目標から始めると無理なく進められます

この記事では、小さな目標を立てるメリットとデメリットを徹底解説します。成功した体験・達成体験を積み重ねて、あなたの目標達成をサポートします!

忘れ物と整理整頓で変わる生活の質 – 効率と非効率のバランスの重要性 (tarciel.com)

「今すぐ始める!忘れ物をなくすための5つの簡単な習慣 | タルシエル (tarciel.com)

目次

小さな目標の重要性と効果

重要性と効果 達成

小さな目標を立てることは、目標達成において非常に重要です。大きな目標は一見すると魅力的ですが、その規模の大きさゆえに達成が難しく、途中で挫折してしまうことが多いです。一方、小さな目標は現実的で達成しやすく、成功体験を積み重ねることで自信を持ち続けることができます

「ダイエットして夏までに10kg痩せるぞ!」これできますか?ほんとんどの人が途中でやめてしまいますよね。ところが、夏までに2kg減らすなら可能性がぐんと高くなります。この時点で前者はすでに1mmも進んでいません、やめてしまったらそれで終わりなんです。結論めいたことですが、達成可能である小さな目標100%必ず成功するという事実をまずお伝えしておきます。

そこで早速ですが、そのメリットとデメリットを見てみましょう!

小さな目標のメリット

メリット

達成感の向上

大きなメリットがこれです。短期的な成功体験が積み重なることで、達成感が得られ、自信を持てるようになります。例えば、毎日の運動目標を立てて達成することで、徐々に自分に対する信頼感が高まります。逆に言えば達成できなければ意味がないのです。

スマホのアプリでもいいですが、絶対に目に入る場所に電子パッドで一日のタスクを掲げておくのも良いかもしれません。小さな目標は何も仕事や勉強だけではありません。毎週ここを掃除するとかでもいいんです。忘れないような工夫もまた大切ですね。

モチベーションの維持

縁の下の力持ち的なメリットでしょう。小さな目標をクリアすることで、持続的なモチベーションを保つことができます。大きな目標に比べて、すぐに結果が見えるため、やる気が維持しやすいです。たとえば、読書習慣を身につけるために、毎日10ページ読むという小さな目標を設定することで、長期間にわたって読書を続けることができます。

ストレスの軽減

こちらも目に見えにくい大きなメリット。大きな目標を小分けにすることで、プレッシャーが軽減されます。これにより、ストレスを感じずに目標に向かって進むことができるようになります。例えば、プロジェクトを小さなタスクに分割することで、全体の負担を減らすことができます。「達成できなかった」はストレスに直結しますので気を付けましょう。

行動の明確化

メリット

これらメリットの相乗効果によって具体的なステップが明確になり、行動計画が立てやすくなります。小さな目標を設定することで、具体的な行動が見えてきます。例えば、健康的な生活を送るために、毎日10分のウォーキングをするという目標を設定することで、日々の行動が明確になります。

一見、難しく見えるかもしれません。小さな目標を掲げるメリットは、達成するための負担が少ないので気楽にできると言い換えることもできるでしょう。一方で、デメリットももちろんありますので、次にそこも抑えておきましょう。

小さな目標のデメリット

デメリット

長期的視点の欠如

小さな目標ばかりに集中しすぎると、全体像を見失う可能性があります。例えば、今やっている作業は夕方の5時までに仕上げなくてはいけねいとします。ところが、目の前の仕事に集中しすぎていると完了時間を見誤ってしまいがちになるわけです。

頻繁な修正の必要性

大きな目標地点があるばあい、環境や状況の変化に応じて目標を頻繁に見直す必要があります。これは、柔軟性を保つために必要ですが、頻繁な修正がストレスとなり、計画通りに進められないことが多くなる可能性があります。何事もマージンは必要というわけです。

過小評価のリスク

自己評価が低くなりがちで、大きな挑戦を避ける傾向が出る可能性があります。小さな目標を設定することに慣れてしまうと、自己の限界を試すことを避け、安全な範囲内でしか行動しなくなることがあります。保守的な構えに見られることも出てくるでしょう。

とはいえ、達成できなければ意味はないですし、ストレスになれば人生にとってはマイナスです。小さな目標設定は何事においても良いツールの一つと考えてうまく使っていきましょう!

【まとめ】効果的な小さな目標の立て方

まとめ

先程挙げたメリットを最大限に使うようにしましょう。

具体的かつわかりやすい目標にする

目標は具体的でわかりやすいものにしましょう。「もっと運動する」よりも「毎日30分ウォーキングする」といった具合です。こうすることで進捗が明確になり、達成感も感じやすくなります。

現実的で達成可能な目標

現実的で達成可能な目標を設定することが重要です。達成不可能な目標は、モチベーションを低下させる原因になります。自分の現在の能力や環境を考慮し、無理のない範囲で目標を設定しましょう。

期限を設ける

目標には期限を設けることが大切です。期限があることで、計画的に行動しやすくなります。例えば、「1週間以内に記事を書く」といった具合です。もちろん、必ず達成可能であることが条件です。

目標達成後の次のステップを計画する

目標を達成したら、その後のステップを計画しましょう。次の目標を設定することで、継続的に成長し続けることができます。例えば、「記事を書いたら、関連記事に着手」といった具合です。

小さな目標を立てることは、大きな成功への第一歩です。具体的で現実的な目標を設定し、達成感を積み重ねていきましょう。次のステップを見据えながら、継続的な成長を目指してください。自分のペースで、一歩ずつ進んでいくことが大切です。頑張っていきましょう!

少しできていると感じていた自分も、「あそこは~、ここはもっと~」と改善できる部分はたくさんありました。あれこれ考えず、目の前にある一つのことから行動を心がけていこうと改めて感じました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次